| TOP | 水泳 |シンクロナイズドスイミング|柔道|サッカー|
| フィギュアスケート|カーリング|スピードスケート|スキー| オリンピック開催国 |
簡単!ホームページ作成


TOP > サッカー

夏季オリンピック4 サッカー

夏季オリンピック競技の一つであるサッカーについてご紹介します。

1.FIFAワールドカップとオリンピック

サッカーの国際大会で最も有名なものはFIFAワールドカップですね。普段はあまりサッカーに興味がなくてもワールドカップになると観戦する人も多いのではないでしょうか。他の種目では、オリンピック=特別な大会に対し、サッカーは少し違うみたいです。下記をご参照ください。

オリンピックのサッカー競技に対する位置づけは、男子と女子でその捉え方に若干の違いが見られる。 女子競技は、女子ワールドカップに並ぶかそれ以上の権威ある大会として扱われ、オリンピック自体の注目度を利用して国際サッカー連盟 (FIFA) も女子サッカーの普及のために大会に対して概ね協力的である。 これに対して男子競技は、FIFA U-20ワールドカップとワールドカップの間の中途半端なカテゴリとして捉えられることが多い。アジア・アフリカ・北中米カリブ・南米の諸国は若年層の強化、あるいは五輪という大会のステータスを重視して力を入れることが多いのに対し、欧州では同年に欧州選手権があることも関係し、年齢制限つきの大会であるオリンピックサッカーへの注目度は極めて低い。また、シーズン開幕直後の時期の怪我や疲労を恐れ、所属する選手を五輪に出場させることに消極的なクラブも多い。特に優秀な選手を抱える欧州のビッグクラブではそれが顕著であり、欧州各国はもちろん、非欧州各国においても欧州クラブ側の抵抗によってベストメンバーを揃えるのに苦労するサッカー協会は少なくない。2008年の北京五輪では、ベストメンバーを揃えようとするブラジル・アルゼンチンのサッカー協会と、選手の参加を拒む欧州クラブとの対立が激しくなった。FIFAはクラブに対し、A代表の国際公式試合と同様に五輪への選手参加を妨げないよう指示したが、スポーツ仲裁裁判所は五輪のサッカー競技がFIFAの主催するものではないことを理由に、クラブに対するFIFAの指示は無効であるとの決定を下した。これにより、2012年ロンドン五輪以降でのメンバー選出に困難が増えることが予想されるが、FIFAのブラッター会長は北京五輪において、「ロンドン五輪以降のサッカー競技はFIFA管轄の国際競技とする」意向を示し、この点の解消を図っている。 FIFAは2009年3月に、選手の年齢制限を21歳以下に引き下げる方針を定め、同年6月のFIFA総会に諮ることを決定した[1]。IOCは収入が見込める競技の一つである男子サッカーに、世界的に著名な選手が多く出場することを希望し続けており、この年齢制限改訂に対しては五輪競技からの除外[2]や参加チーム数の削減[3]を持ち出して抵抗した。これに対しFIFAは2009年総会における議題から年齢制限変更案を取り下げ、代替案として「ワールドカップに出場経験のない選手であれば年齢に関わらず出場可能」とする、1984年ロス五輪と同様の参加資格を提案した[4]。2009年12月のFIFA理事会では、2012年のロンドンオリンピックにおける男子サッカー競技は従来通りの「23歳以下+オーバーエイジ3人」で行うこととし、2016年のリオデジャネイロオリンピックについては2010年以降に協議することを決定した[5]。 多くのスポーツ競技が最終目標としてオリンピック種目への採用を目指す中で、「オリンピックへの協力を渋る競技側と、それを引き止めるIOC側」というサッカー界の構図は異例であり、オリンピックを凌ぐ規模の国際大会を持つサッカー特有のねじれ現象だと言える。

2.サッカーの国際大会一覧

地域 統括団体 ナショナルチーム 年代別ナショナルチーム クラブチーム
世界 FIFA FIFAワールドカップ FIFA U-20ワールドカップ FIFAクラブワールドカップ
FIFAコンフェデレーションズカップ FIFA U-17ワールドカップ
IOC オリンピックサッカー競技
NF-Board VIVAワールドカップ
FISU ユニバーシアードサッカー競技
その他 FIFIワイルドカップ トゥーロン国際大会 アムステルダム・トーナメント
軍人ワールドカップ モンテギュー国際大会 ドバイカップ
カタール国際親善トーナメント コパ・チーバス ピースカップ
ルナー・ニューイヤー・カップ ミルクカップ マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ
ムルデカ大会 トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ
ホームレス・ワールドカップ
アジア AFC AFCアジアカップ AFC U-19選手権 AFCチャンピオンズリーグ
AFCチャレンジカップ AFC U-16選手権 AFCカップ
AFCプレジデンツカップ
OCA アジア競技大会サッカー競技
EAFF 東アジアサッカー選手権
EAGA 東アジア競技大会サッカー競技
AFF 東南アジアサッカー選手権 AFF U-19ユース選手権 東南アジアクラブ選手権
AFF U-16ユース選手権
SEASF 東南アジア競技大会サッカー競技
SAFF 南アジアサッカー選手権
SAOC 南アジア競技大会サッカー競技
中央アジア競技大会サッカー競技
WAFF 西アジアサッカー選手権
WAGF 西アジア競技大会サッカー競技
アフリカ CAF アフリカネイションズカップ アフリカユース選手権 CAFチャンピオンズリーグ
アフリカネイションズチャンピオンシップ アフリカ U-17選手権 CAFコンフェデレーションカップ
CAFスーパーカップ
ANOCA アフリカ競技大会サッカー競技
CECAFA CECAFAカップ CECAFA U-17選手権 カガメ・インタークラブ・カップ
COSAFA COSAFAキャッスルカップ
アミルカル・カブラル・カップ
北中米カリブ海 CONCACAF CONCACAFゴールドカップ CONCACAF U-20選手権 CONCACAFチャンピオンズリーグ
CONCACAF U-17選手権
UNCAF コパ・セントロアメリカーナ UNCAF U-16トーナメント コパ・インテルクルベスUNCAF
CFU カリビアンカップ CFUクラブ選手権
南アメリカ CONMEBOL コパ・アメリカ 南米ユース選手権 コパ・リベルタドーレス
南米U-17選手権 コパ・スダメリカーナ
南米U-15選手権 レコパ・スダメリカーナ
オセアニア OFC OFCネイションズカップ OFC U-20選手権 OFCチャンピオンズリーグ
OFC U-17選手権
パシフィックゲームズサッカー競技
ヨーロッパ UEFA UEFA欧州選手権 UEFA U-21欧州選手権 UEFAチャンピオンズリーグ
UEFA U-19欧州選手権 UEFAヨーロッパリーグ
UEFA U-17欧州選手権 UEFAスーパーカップ
UEFAリージョンズカップ
その他 バルティックカップ ロイヤルリーグ
バルティックリーグ
エミレーツ・カップ
アラブ UAFA アラブカップ ガルフ五輪選手権 アラブ・チャンピオンズリーグ
ガルフカップ U-17ガルフカップ ガルフ・クラブ・チャンピオンズカップ
パンアラブ競技大会サッカー競技
大陸間大会 PASO パンアメリカン競技大会サッカー競技
その他 アフロアジア選手権 CISカップ
インド洋諸島ゲームズサッカー競技
日本国内開催大会 JFA キリンカップサッカー 仙台カップ国際ユースサッカー大会 スルガ銀行チャンピオンシップ
キリンチャレンジカップ
その他 SBSカップ 国際ユースサッカー さいたまシティカップ
国際ユースサッカー in 新潟
サニックス杯国際ユースサッカー大会
豊田国際ユースサッカー大会

3.オリンピック大会 結果

男子

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位
1 1908年 ロンドン イギリス 2 - 0 デンマーク オランダ 3-2 スウェーデン
2 1912年 ストックホルム イギリス 4-2 デンマーク オランダ 9 - 0 フィンランド
3 1920年 アントワープ ベルギー n/a[6] スペイン オランダ n/a イタリア
4 1924年 パリ ウルグアイ 3 - 0 スイス スウェーデン 1-1 オランダ
3 - 1 R
5 1928年 アムステルダム ウルグアイ 1-1 アルゼンチン イタリア 11-3 エジプト
2 - 1 R
1932年 ロサンゼルス サッカー競技は開催されず
6 1936年 ベルリン イタリア 2-1 オーストリア ノルウェー 3-2 ポーランド
7 1948年 ロンドン スウェーデン 2-1 ユーゴスラビア デンマーク 5-3 イギリス
8 1952年 ヘルシンキ ハンガリー 3-2 ユーゴスラビア スウェーデン 2 - 0 西ドイツ
9 1956年 メルボルン ソビエト連邦 1 - 0 ユーゴスラビア ブルガリア 3 - 0 インド
10 1960年 ローマ ユーゴスラビア 3-1 デンマーク ハンガリー 2-1 イタリア
11 1964年 東京 ハンガリー 4-1 チェコスロバキア ドイツ 3-1 アラブ連合共和国
12 1968年 メキシコシティ ハンガリー 4-1 ブルガリア 日本 2 - 0 メキシコ
13 1972年 ミュンヘン ポーランド 2-1 ハンガリー ソビエト連邦 2 - 2 [7]
東ドイツ
14 1976年 モントリオール 東ドイツ 3-1 ポーランド ソビエト連邦 2 - 0 ブラジル
15 1980年 モスクワ チェコスロバキア 1 - 0 東ドイツ ソビエト連邦 2 - 0 ユーゴスラビア
16 1984年 ロサンゼルス フランス 2 - 0 ブラジル ユーゴスラビア 4 - 2 aet イタリア
17 1988年 ソウル ソビエト連邦 2-1 ブラジル 西ドイツ 3 - 0 イタリア
18 1992年 バルセロナ スペイン 3-2 ポーランド ガーナ 1 - 0 オーストラリア
19 1996年 アトランタ ナイジェリア 3-2 アルゼンチン ブラジル 5 - 0 ポルトガル
20 2000年 シドニー カメルーン 2 - 2 aet スペイン チリ 2 - 0 アメリカ合衆国
(PK 5 - 3)
21 2004年 アテネ アルゼンチン 1 - 0 パラグアイ イタリア 1 - 0 イラク
22 2008年 北京 アルゼンチン 1 - 0 ナイジェリア ブラジル 3 - 0 ベルギー
23 2012年 ロンドン
24 2016年 リオデジャネイロ

女子

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位
1 1996年 アトランタ アメリカ合衆国 2-1 中国 ノルウェー 2 - 0 ブラジル
2 2000年 シドニー ノルウェー 3 - 2 aet アメリカ合衆国 ドイツ 2 - 0 ブラジル
3 2004年 アテネ アメリカ合衆国 2 - 1 aet ブラジル ドイツ 1 - 0 スウェーデン
4 2008年 北京 アメリカ合衆国 1 - 0 aet ブラジル ドイツ 2 - 0 日本
5 2012年 ロンドン
6 2016年 リオデジャネイロ

4.女子サッカー

昔はサッカー=男の競技ととらえれ、女子サッカーは様々な理由で不当な扱いを受けていたそうです。
確かにサッカーと言えば、男子のサッカーしか見ていませんでしたが、最近、なでしこJAPANがワールドカップで優勝するという偉業を達成しました。
そのおかげで今後は女子の大会にも注目する人が多くなるのではないでしょうか。




○スポンサー先 特24 6/4